日中学校の寮の違い

日本では、学校の寮は学校の外にあります。
通学の時、徒歩できない距離でしたら、自転車、バス、電車、地下鉄など利用することもあります。

私は日本語学校で勉強する時20分間の電車だけで済みましたが、大学院に通学する時、引越しなかったので、電車とバス両方必要になり、通学時間は合計1時間以上かかりました。
大切な時間を通学で使ったら、もったいないと思いました。

中国では、それはありえません。
中国の学校の寮は学校の一部として、学校の中にあります。
寮から教室までの距離は徒歩数分ぐらいしかないので、乗り物は一切要りません。

朝どうしても寝たくて、朝ごはんをぬくつもりでしたら、授業開始10分前に起きれば間に合います。
すごく便利だと思います。
時間の無駄にもなりません。

元々、日本では、寮を併設している学校自体が少ないですね。
全寮制というと、何か特別な生徒だけが集まっているのかなと、勘繰ってしまいますが、スポーツ推薦などで全国から有力な選手が集う学校は、寮生活になっているようですね。

このような青春時代を親と離れて暮らすのは、自立心が養われて良いと思います。
また、公共道徳なども自然に身に付くようですので、こうした全寮制の学校を標準にすることも教育なのではないでしょうか。
親の家計に負担が無いように、費用は低めにして欲しいですけどね。

専門学校を卒業して、自動車整備工場の車検の責任者になっている知人は、親から離れることは歓迎だったそうです。

気持ちいい海
石垣島ダイビングスクール人気の体験ダイブ
インストラクター1人に対してお客様は2~3名様まで。AMコースとPMコースに分かれています。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»