NGOとNPO

さて、皆さんは、NGOとNPOの違いについて、どこまでご存知だろうか。
一見すると違うものであることは理解していると思われるが、具体的にはどう違うのか、新聞雑誌でもキーワードを目にしても、深くは考えないのではなかろうか。

そこで、完結にNPOとNGOについて、まとめて見たので参照して欲しい。
もっと知りたい場合は、GoogleやYahooを利用して徹底的に検索、もしくは関係省庁のホームページを参照して欲しい。

NGO:Non-Governmental Organizationの略
民間の非政府組織。
環境NGOや国際協力NGOなど、国際的な活動を中心にさまざまな目的や行動が行われている。たとえば、自然災害などが起こり、緊急に援助を必要としたとき。

政府組織であれば、国のGOサインを待たなければならないため、どうしても遅れをとってしまう。
だが非政府組織のNGOなら物資や医療支援に、すぐに動きだすことができることが、最大の利点である。

NPO:Not-for Profit Organizationの略。
「特定非営利活動促進法(NPO法)」によって制定された民間の非営利組織のこと。
活動の種類は、学術、文化、芸術、スポーツの振興、環境保全、災害援助などと法律で定められている。地域活動を主体としているNPOが多く存在しており、営利目的ではないため、ボランティア的なイメージが強い。

どちらも資金がなければ出来ないけれども、財務管理はどうしてるのかまでは調べていない。

«
»