梅雨の洗濯物とお母さんの知恵

梅雨の時期は洗濯物を室外に干せないので、いつも室内干しをしています。
ただでさえ雨で湿度が高いのに、家中に干された洗濯物のおかげでさらに湿度が上がり、フローリングの床も心なしか濡れているように感じます。

何かいい方法は無いか主婦仲間に尋ねた所、ポータブルの乾燥機を購入し室内干しした洗濯物の下に置いている人、エアコンの除湿機能を使っている人などそれぞれ工夫しているようです。

中でもいいアイデアだなと思ったのは、乾燥機付き洗濯機で完全に乾燥させると時間も電気代もかかるので、生乾き程度にしてから干すという方法です。
また、雨だからと窓を閉め切ると余計に湿度がこもるので、窓を開けて換気しているという人もいました。

今の時代でも生活の中で「お母さんの知恵」が活躍しているようです。
しかし、どうしても部屋干しは湿度が高まるもので、除湿機を併用するというご家庭もあるようですが、中でも浴室が乾燥機能を有するモノが好まれているみたいですね。

浴室のリフォームの時など、考えてみるといいかもしれません。
風呂場は元々カビの発生しやすいところですし、抗菌性のある壁が仕様としてあると、カビの心配も無くなるのではないでしょうか。

冬場の浴室は、高齢者にとっても実は危険な場所です。
冷えた場所ですからね、ヒーティング機能もあれば、そうした健康面にも配慮された生活が実現しますね。
健康住宅への道を歩みましょう。

ダイバーはステキ!
壮年の夢は石垣島でのダイビング
高齢者でも海に親しむ壮年ダイバーが多く訪れる石垣島でも人気の少人数スクール
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»