受験に失敗した兄の教訓

私の兄は大学受験に失敗しました。
小さな頃から地道にコツコツタイプの性格で、昔から本番に弱く、これまでも何度かそういう兄を見てきた気がします。

全国模試でも志望大学の偏差値をクリアしていたのですが、残念な結果となりました。
実力はあまりないのに要領と運の良さで乗り切る私は、兄とは正反対の人間ですから、私も兄の受験結果を知った後、兄に声もかけられずに数日過ぎました。

ある日、兄が私に話しかけてきて
「俺は、試験問題を見て落胆したよ。あまりにも幼稚で、解く気が半減した。俺が目指してきた物はこれじゃない!その時やっとわかった。俺は留学する。世界は広い。」

さすが、自信過剰は親譲りです。
その年の秋、兄はカナダに行きました。

それにしても両親は寛大だと思います。
兄にも私にもそうですが、個人の意見を尊重してくれ、反対された事が一度もないのです。

そのかわり自分が一度決めた事は最後までやりぬく事と結果を出す事を教えられてきました。
兄はどんな結果を持ち帰るのか楽しみです。
兄自身も、自身のプライドにかけてチャンスを掴みとると、意気込んでいます。

最大の敵は、この自分自身のモチベーション維持と健康管理ではないかと思います。
全ての物事は健康がベースで成り立ちます。
モチベーションについても、底力を発揮する際には、無くてはならないものですよね。

実はモチベーションを維持し続ける事は至難の業ですが、これが出来て初めて人間的にも成長出来るのではないでしょうか。

健康も肉を食卓に
健康維持に食肉卸会社の精肉
業務用から個人まで幅広いお客様との取引が実績の証明。厳重な品質管理も信頼。
www.meat-kimura.co.jp/

«
»