13~14ヶ月の赤ちゃん

13~14ヶ月の赤ちゃんはママの手をつかまらなくても、自分で歩くことができるようになります。
しゃがんでおもちゃを拾ってから立つこともでき、転ばなくなります。

この時期の赤ちゃんは手の動きがもっとスムーズになり、絵本などを読む時、ママに手伝って、ページをめくります。
目と手の協調性もよくなり、小さい物を瓶に入れることもできるようになります。

また、赤ちゃんは大人のまねをして、小さい棒などを使って、遠い場所にあるおもちゃを取ろうとします。

「パパ」「ママ」以外、3つ以上の単語が話せるようになります。
ママの指示に従って、1つか2つぐらいの日常品のカードがわかるようになります。

赤ちゃんは自分で遊ぶことに満足せず、いろいろな行動で大人の注意を払います。
テーブルを拭くことや、髪をすくなど、大人の行動にまねをします。

次第に乗り物などの動くものに興味がわく時期ですね。
自動車は特に、物珍しさと種類の豊富さ、そして日常的に目撃するので喜びも大きいですね。
ミニカーを与えるとコロコロと転がすようになります。

ミニカーよりは自動車のカタチをしたクッションなどの方が、安全面では良いでしょうね。
ちょっとした冒険をするならば、バスに乗せるのも良いでしょう。
長距離では無く、2つ3つ先の停留所で十分です。

買い物があれば、そのままショッピングでも良いですしね。
帰りは大変かもしれませんが。

«