就業カレンダーの歴史

太陽暦は、ご存じの通り、世界共通のカレンダーとして使われている暦です。
地球が太陽を一周するおよそ365日が基準です。太陰暦は、月が地球を一周するおよそ29日を一月とする暦です。

そして旧暦は、太陽太陰暦と言って、太陽と月の異なる二つの運行を取り入れたもののことをいいます。
現在でも中国や台湾、韓国は旧暦を基準として生活を送っていますし、沖縄県も旧暦にならって伝統行事が行われています。

旧暦の特徴は、朔、すなわち新月の日が一日(ついたち)であることや、季節は二十四節季からなること、そして太陽と月の周期の違いでずれた分を2~3年に一度の閏月(うるうづき)で調整するため、その年は13月まであることです。

新暦に比べると一月ほど遅れているのですが、旧暦の方が季節の巡り方と合っているとして、農業を営む人をはじめとして、ライフスタイルに旧暦を取り入れる人も増えているようです。

最近は、夏の異常な気温上昇により熱中症が多発という状況の中で、真夏の就業時間や工場の稼働時間をずらす傾向にあります。
ちょっと遅い対応とは思いますが、日本人は大きなきっかけがなければ動かないのは残念ですね。

横並び意識が異常に強いことと、出る杭は打たれる文化がちょっとした工夫さえも潰される日本。
経済成長も頭打ちなのも頷けることでしょう。

通勤が楽しくなる職場に
買取型の勤怠管理システム
一時的な費用負担だけで業務体型にマッチしたシステムにカスタマイズが可能な勤怠管理システムがコチラ
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«