新しいベースを購入しました

昨日、新しいベースを買ったんですね、
二年ぶりに愛機をモデルチェンジ致しました。

もったいぶってないではやく言えって?
わかりましたわかりました、
エピフォンのサンダーバードを買ったんですよ。

サンダーバードといってもサンダーバードゴシックという光沢のない真っ黒なベースです。
たまたま弦を買いに行った中古屋で見掛けたその渋いフォルムに一目惚れ、
即買いでした。
照明を反射しない漆黒のボディ、スラッと伸びたロングスケールのネック、
ん~渋い!渋すぎる!と、ベースを見ながら自画自賛(笑)

肝心のサウンド面はと言いますと…
心臓をゴリゴリと抉るような、馬力を感じる低音を出してくれますね。
まだアンプを通しては何回かしか鳴らしてないんですが、音の第一印象はそんな感じです。

前の愛機がヘフナーのバイオリンだったんでどんなサウンドに変化しても満足はするんですが(笑)、かなーり自分好みの音を出してくれそうな感じです。

バイオリン~のくだりでなんとなく分かったと思うんですが、
私かなりルックス買いしちゃうんですよね(笑)
もちろんサンダーバードの音も元々好きだったんですけど他の型にせずにこれを選んだのはやっぱりそのフォルムです。
あ、それと色もかなり決め手になりました(笑)

早くスタジオの大きなアンプで爆音で鳴らしてみたいですねー。
ストラップ思いっきり下げて、ピックで叩く様に引いて、コーラスなんかもしちゃったりして。

そんな事よりまずバンド組まなきゃな―――

«